めまい|こころの病気のはなし 用語

トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし 家族教室 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 用語 >めまい

こころの病気の用語

めまい

● 症状

めまいは、頭や体がふらふらしたり、目が回ったりすることの総称ですが、症状の現れ方によって分類されています。

 

◎真性めまい

回転性めまい……回転感(目が回る、体がぐるぐる回る、体が一方に引っ張られていく、天井が回るように感じる、周囲が流れるように見える)などが主な症状です。吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

非回転性めまい……浮動感(上下・前後などにふわふわ体が動くように感じる)や失神しそう、体がふらふらするように感じるなどが主な症状です。

 

◎仮性めまい

頭から血の気が引いたように感じて一瞬意識がうすれる、目の前が真っ暗になったように感じるなどが主な症状です。

 

◎平衡失調

体の平衡(バランス)を取りにくく感じ、つまずきやすくなったり、歩きにくくなったりします。

 

● 原因

めまいの原因はさまざまで、耳や脳、その他の体の疾患、精神障害が関係します。

一般に、回転性めまいは内耳や脳の中枢の疾患が原因になっていることが多いとされています。よくある耳の疾患には、メニエール病、前庭神経炎、良性発作性頭位めまい、内耳炎、突発性難聴などが挙げられます。脳の疾患としては、脳出血や脳梗塞などがあります。どちらかというと急性期の疾患が関係していることが多いようです。

非回転性めまいも耳や脳が原因となっているものの、内耳の疾患が急性期を脱したときや、聴神経腫瘍、小脳腫瘍などが関係していることがあります。

平衡機能障害は、内耳の前庭機能の障害や、脳の聴神経腫瘍、脊髄小脳変性症などが関係しています。

仮性めまいは、耳や脳の障害とは関係ないことが多く、低血圧や高血圧、自律神経失調症などに伴っておこります。

 

上記にあてはまらない場合は、緊張性頭痛や肩こりが原因の可能性があります。あるいは、貧血や低血糖などの内科的疾患、うつ病や不安障害など精神障害に伴って生じるめまいであることが考えられます。

 

なお、めまいはよくある症状ですが、しばしば内科や耳鼻科、神経内科など複数を受診しながら正しく診断されないことがあります。医療機関で過去の病歴をしっかり話すことが、正しい診断につながります。

 

● 他の病気との関係

めまいの原因の約1/3は心因性という報告もあります。

パニック障害は、動悸や息切れのほかに、めまいを感じることがあります。また、全般性不安障害は極度の緊張からめまいや動悸、ふらつきなどが引き起こされます。ほかに、うつ病、適応障害、心気症などでも動悸やめまいが現れることがあります。

 

● 治療

耳が原因の場合は耳鼻科で、脳が原因の場合は脳外科や神経内科などでそれぞれの病気の治療が行われます。

めまい外来を設けている医療機関もあります。精神障害が原因の場合は精神科において、もととなる病気を治すための薬物療法や精神療法が行われます。

 

※参考文献

『現代精神医学事典』(弘文堂)

『看護・医学事典』(医学書院)

『みんなのメンタルヘルス』(厚生労働省)

『家庭医学館』(小学館)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなしこころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ