トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし 家族教室 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 専門編 >軽度認知障害

軽度認知障害

F06-7 軽度認知障害 Mild cognitive disorder

疾患の具体例

75歳女性。この頃、人の名前を思い出せそうとしても思い出せなかったり、少し前に言ったことを繰り返して言ったりすることが増えました。とはいえ、日常生活は何でも自分でできていましたから、本人は「ちょっとおかしいけれど、年相応かな」と思っていました。

それでも家族が心配するため、病院を受診しました。診察をした医師は「認知症ではない」と言いましたが、「軽度認知障害が認められます」と診断しました。

 

特 徴

軽度認知障害は、認知症のような症状があるものの、認知症の診断基準には当てはまらない状態のことを言います。正常と認知症の中間のような症状です。脳や体の病気に伴って発症することがありますが、脳の神経が障害されているとは限りません。また、身の回りのことは自分でできますが、物忘れなどのために、日常生活に不便が生じることもあります。広い意味では、軽度に認知機能が低下したこの時期の状態を「MIC」(Mild cognitive impairment:MCI)と呼びます。

 

症 状

主な症状は認知能力の低下です。記憶力が低下したり、物ごとを新たに覚えにくくなったり、あるいは集中力が落ちたりします。医療機関で行う客観的テストでは、異常を示します。

 

原 因

人によっては、脳や体の病気に先だって、あるいは随伴、続発して症状が表れます。しかし、脳が障害されているとは限らず、明確な原因がわからないこともあります。

 

症状・経過

元になっている病気が回復することで、軽度認知障害もよくなることもあります。その場合は、元の病気の回復から2〜3週間以内に症状が治まると言われています。一方で、回復せずに認知症に移行する場合もあります。

 

治療

元となっている病気が治療可能な状況であれば、その病気の治療をします。

 

診断基準:ICD-10

主な症状は認知作業能力の低下である。それは、記憶障害、学習あるいは集中の困難を含む。客観的テストでは通常異常を呈する。症状は、認知症(F00-F03)器質性健忘症候群(F04)、あるいはせん妄(F05)の診断ができないようなものである。

 

診断基準:DSM-5

記載なし

 

※参考文献

『ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン(新訂版)』(医学書院)

『認知症予防・支援マニュアル(改訂版)』(厚生労働省)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなしこころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケアこころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ