トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし 家族教室 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 専門編 > サドマゾヒズム

サドマゾヒズム

F65.5 サドマゾヒズム Sadomasochism

性的マゾヒズム障害 Sexual masochism disorder

性的サディズム障害 Sexual sadism disorder

 

疾患の具体例

28歳、男性。小学生の頃から、女性が暴力を受けたり、辱められたりしている様子をテレビで見て、性的興奮を覚えていました。中でも、サスペンスドラマなどで、女性が首を絞められるシーンに強い興味がありました。大学生になって以降は、性行為中の暴力行為を実践したいと考えるようになりました。悪ふざけを装って、交際相手の首を絞めたり、辱めの言葉を投げかけたりすることで、強烈な性的興奮を得ていました。しかし、そうした行為が相手に受け入れられず、交際が続かないことも少なくありませんでした。一度、性行為中に首を絞める行為がエスカレートして、相手が気絶したまましばらく回復せず、救急車を呼ぶ事態になりました。その頃から、自分の性的嗜好について悩み、精神科クリニックに相談すると「性的サディズム障害」と診断されました。

 

特徴

性行為の際に、縛ったり、苦痛を与えたり、あるいは精神的な辱めによって性的興奮を得ることが、最低6ヵ月間以上持続することをサディズムと言います。逆に、そうした刺激を受け入れることをマゾヒズムと言います。マゾヒズムのある人は、身体的苦痛よりも失敗や屈辱を求めるとも言われます。同一の人物が、サディズム、マゾヒズムの両方を好むこともあります。

軽度のサドマゾヒズムは、正常な性的興奮をより高めるために行われることがありますが、時として、社会的、職業的、またはほかの重要な領域における機能の障害につながることがあります。サディズムの人は性愛の喚起に暴力が必要なため、相手を負傷させるリスクがあります。同意していない相手に対し、苦痛の伴う性交渉を行ったり、行おうとしたりした場合は性犯罪になります。マゾヒズムの人は、窒息性愛(性行為の最中に首を絞めるなど、あえて窒息しそうな行為をする)などの苦痛を受けて性行為に及んだ結果、偶然、死亡につながることもあり得ます。

 

有病率

マゾヒズムも、サディズムも、一般人口における有病率は不明です。しかし、オーストラリアのある調査では、過去12ヵ月において、緊縛、調教、または支配と服従などに関与した人は、男性の2.2%、女性の1.3%と推定されています。また、サディズムに関しては性犯罪者に限った事例(法医学的事例)を調べた結果があります。アメリカでは、民法上の性犯罪者のうち、性的サディズム障害を有する人が10%未満だと考えられています。性的な動機によって殺人を犯した人では、性的サディズム障害の割合は37〜75%の範囲であるとも報告されています。法医学的事例で性的サディズムを持つ人は、ほとんど例外なく男性であることがわかっています。

 

原 因

フロイトは、サディズムのある人は去勢不安を持っており、自分にされるだろうと恐れている行為を他者にすることで性的喜びを達すると考えました。一方、マゾヒストのある人は、もともと性交に対して不安や罪悪感を持っているため、オーガズムを達成することができず、身体的・精神的苦痛によってその状態が軽減されると考えられています。

 

経 過

ある研究によると、マゾヒズムが始まる平均年齢は19.3歳と報告されています。しかし、マゾヒズム的な空想を抱き始める年齢はより早く、思春期や小児期も含まれると考えられています。サディズムの開始年齢については、わかっていません。

マゾヒズムもサディズムも、本人の主観的な苦痛(罪悪感、羞恥心、強烈な性的欲求不満、孤独)や、時間の経過と共に症状が変化する可能性があります。ほかのパラフィリア的な性行為と同じように、マゾヒズムもサディズムも、年齢を重ねることによって軽減していく傾向があると言われています。

 

診断基準:ICD-10

記載なし

 

診断基準:DSM-5

(性的マゾヒズム障害〉

A.少なくとも6ヵ月間にわたり、辱められる、打たれる、縛られる、またはそれ以外の苦痛を受ける行為から得られる反復性の強烈な性的興奮が、空想、衝動、または行動に現れる。

B.同意していない者に対してこれらの性的衝動を実行に移したことがある。またはその性的衝動や空想のために臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、またはほかの重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

〈性的サディズム障害〉

A.少なくとも6ヵ月間にわたり、他者への身体的または心理的苦痛から得られる反復性の強烈な性的興奮が、空想、衝動、または行動に現れる。

B.同意していない者に対してこれらの性的衝動を実行に移したことがある。またはその性的衝動や空想のために臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、またはほかの重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

※参考文献

『ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン(新訂版)』(医学書院)

『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院)

『カプラン 臨床精神医学テキスト』(メディカルサイエンスインターナショナル)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなしこころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケアこころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ