トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし 家族教室 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 専門編 > パニック障害のトップ > パニック障害について(1-2)

パニック障害の国際的診断基準とは

パニック障害(panic disorder)は臨床現場において、主に2つの国際的診断基準に基づいて診断されています。

一つ目は、米国精神医学会(American Psychiatric Asociation:略してAPA)により2000年に作成された、精神疾患の診断・統計マニュアル第4版・解説改訂版(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders,Fourth Edition,Text Revision:略してDSM-W-TR)です。二つ目は、世界保健機関(World Health Organization:略してWHO)により1992年に作成された、国際疾病分類第10版(International Classificition of Diseases, tenth edition:略してICD-10)です。

どちらかの国際的診断基準を使用するかについては、各医師の判断にゆだねられています。下記を見比べると、実際のところ2つの診断基準はほぼ同じ内容である事がわかると思います。2つの診断基準とも、まずパニック発作の有無をチェックし(13あるいは14項目の内、4つ以上の症状が同時に発作的に出現する)、その上で発作が繰り返されている事が確認でき、さらに物質や身体疾患・他の精神疾患による可能性が否定出来た時に初めてパニック障害と診断される大まかな流れとなっています。ただし異なる点としては、DSM-W-TRでは、発作後の予期不安や破局的認知・著明な行動変化といった発作の随伴症状を診断基準に取り入れていますが、ICD-10ではそれがありません。また、DSM-W-TRでは広場恐怖(恐怖症性回避)は「パニック障害を伴う場合はその一症状」として位置づけて(従ってパニック障害を伴う場合はコード番号がありません)いますが、ICD-10では広場恐怖はパニック障害とは独立した疾患(恐怖症の一種)として扱われています。また、ICD-10では発作の頻度によりパニック障害の重症度を分けていますが、DSM-W-TRではそれがありません。

1. パニック発作

DSMW−TR ICD−10
以下の項目のうち4つ以上が突然現れ、
10分以内にその症状が頂点に達する
以下の項目のうち4つ以上が現れ、そのうち1項は(1)から(4)のいずれかである
(1) 動悸 左に同じ
(2) 発汗 左に同じ
(3) 身震い 左に同じ
(4) 息切れ感・息苦しさ 左に同じ
(5) 喉が詰まる感じ(窒息感) 左に同じ
(6) 胸部不快感・胸痛 左に同じ
(7) 腹部不快感・嘔気 左に同じ
(8) めまい・ふらつき・気が遠のく感じ 左に同じ
(9) 周りが現実で無い感じ(現実感の喪失)・自分自身の体から離れる感じ(離人症状) 左に同じ
(10) コントロールを失う(気が狂う)事に対する恐怖 左に同じ
(11) 死ぬ事に対する恐怖 左に同じ
(12) 異常感覚(感覚麻痺・うずき感) 左に同じ
(13) 冷感・熱感 左に同じ
以上 (14) 口渇

2. パニック障害

DSMW−TR ICD−10
コード番号
300.01 広場恐怖を伴わないもの
300.21 広場恐怖を伴うもの

コード番号
F41.00 中等度(1ヶ月で4回以上の発作
F41.01 重度(1ヶ月以上の間、各週4回以上の発作)
(1) 〜(2)を満たす 左に同じ
(1) パニック発作を繰り返す 左に同じ
(2) 発作後1ヶ月間以上は下記の少なくとも
   1つを満たす
  1. もっと発作が起きるのではと心配
    (予期不安)
  2. 「コントロールを失う」「死んでしまう」「気が狂う」恐怖(破局的認知)
  3. 著名な行動変化(例えば、仕事を辞める、運動を避けるなど)
(2) 下記のすべてを満たす
  1. 明確に区別される激しい恐怖・不安
  2. 突発的な開始
  3. 数分のうちで最強となり、少なくとも数分間は持続
(3) 発作は物質や身体疾患・他の精神疾患
   によるものではない
左に同じ

3. 広場恐怖

DSMW−TR ICD−10
コード番号
なし   (「300.21 広場恐怖を伴うパニック
障害」における広場恐怖)
300.22 パニック障害の既往歴のない
広場恐怖

コード番号
F40.00 パニック障害を伴うもの
F40.01 パニック障害を伴わないもの
  1. パニック発作(パニック様症状)が起きた(または起きる可能性がある)時に助けが得られない場所や状況にいる事についての不安。(典型的な状況:家の外に1人でいること、混雑の中にいること、または列に並んでいること、橋の上にいること、バス・汽車・または自動車で移動していること)
  2. その状況が回避されているか、非常に強い苦痛または不安を伴いながら耐え忍んでいるか、または同伴者を伴う必要がある。
  3. 物質・一般身体疾患・他の精神疾患によるものではない(ただし、「パニック障害の既往歴のない広場恐怖」において、関連のある一般身体疾患が存在しかつ、通常の恐怖を明らかに超えている場合は広場恐怖とする)。
  1. 不安は、以下の状況のうち少なくとも2つ以上で生じる
    →雑踏,公衆の場所,家から離れての旅行,および一人旅。
  2. 恐怖症的な状況の回避が、際立った特徴でなければならない。
  3. 心理的症状あるいは自律神経症状は、不安の一次的発現でなければならず、妄想あるいは強迫的思考に対する二次的なものであってはならない
こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなしこころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケアこころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ