トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし 家族教室 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

うつ病の健康生活支障度

日常において、健康な生活を障害する疾患として、1995年にうつ病は第4位でしたが2020年には第2位になると予測されています。うつ病は患者さんの生活に重大な影響を及ぼすため、早期の医学的介入が必要になると言えます。

日常の健康な生活を障害する疾患
(1995年)
日常の健康な生活を障害する疾患
(2020年)
1.下気道疾患
2.下痢性疾患
3.周産期の状態
4.単極性大うつ病
5.虚血性心疾患
6.エイズ(後天性免疫不全症候群)
7.脳血管障害
8.交通事故
9.マラリア
10.結核
1.虚血性心疾患
2.単極性大うつ病
3.交通事故
4.脳血管障害
5.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
6.下気道疾患
7.結核
8.戦争
9.下痢性疾患
10.エイズ(後天性免疫不全症)

(注)World health report in 1999   Disability Adjusted Life Year (DALY) : WHOでは単に寿命の延長でなく、健康に生活できる期間が重要と提唱されています

 

自殺者の数

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなしこころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケアこころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ