トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし 家族教室 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
フルボキサミンマレイン酸塩
パロキセチン塩酸塩水和物
塩酸セルトラリン
エスシタロプラムシュウ酸塩
 
SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
ミルナシプラン塩酸塩
デュロキセチン塩酸塩
ベンラファキシン塩酸塩
 
NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性薬)
ミルタザピン
 
セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節剤
ボルチオキセチン
 
三環系抗うつ薬
ノルトリプチリン塩酸塩
アモキサピン
イミプラミン塩酸塩
トリミプラミンマレイン酸塩
クロミプラミン塩酸塩
ロフェプラミン塩酸塩
ドスレピン塩酸塩
 
四環系抗うつ薬
マプロチリン塩酸塩
ミアンセリン塩酸塩
セチプチリンマレイン酸塩

うつ病の標準的治療で使用する「抗うつ薬」は、薬理的作用や化学構造式によって分類されています。日本では主に「SSRI」「SNRI」「NaSSA」「三環系」「四環系」が使用されてきました。加えて、2019年11月から日本で保険適用した新しい抗うつ薬として、「セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節剤」もあります。

うつ病の原因は、今でもはっきりと突き止められていませんが、脳内の神経伝達物質の不足が影響していると考えられています。多くの抗うつ薬は、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといったモノアミン神経伝達物質の不足が原因と考える「モノアミン仮説」をもとに開発されてきました。

 

最初に使用を検討されることが多い抗うつ薬はSSRIもしくはNaSSA、SNRIです。ここでは、それら3種類の薬と、新たに使われ始めたセロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節剤について解説します。三環系・四環系は古いタイプで、副作用が強く現れる傾向があります。しかし、新しい世代の抗うつ薬が効かないケースなどには、今でも三環系・四環系抗うつ薬が使用されています。

 

SSRI

セロトニンの不足を補う薬です。セロトニンは、神経細胞の「前シナプス」から放出され、「後シナプス」の受容体に取り込まれます。前シナプスと後シナプスの間(シナプス間隙)のセロトニン濃度が過不足なく保たれていればいいのですが、うつ病の場合は、一部のセロトニンが再び前シナプスに取り込まれ(再取り込み)、セロトニンが不足すると考えられています。SSRIは、その再取り込みを阻害することで、うつ病を治そうとする薬です。SSRIにはいくつかの薬剤があり、それぞれに特徴があります。

セルトラリン

セロトニン再取り込み阻害作用に加え、ドーパミン再取り込み阻害作用、σ(シグマ)1受容体への結合特性を持つ薬です。ドーパミン再取り込み阻害作用は弱く、十分な作用と言えるかどうか議論がありますが、気力、意欲、集中力などの改善には効果を発揮するかもしれません。σ1受容体への結合特性による作用は詳しく解明されていませんが、抗不安作用や、妄想性のうつ病に対して作用する可能性があります。

パロキセチン

セロトニン再取り込み阻害作用に加え、抗コリン作用を持つ薬です。抗コリン作用は、気分を鎮静させる作用に関係しています。また、弱い程度のノルアドレナリン再取り込み阻害作用も持っており、それが抗うつ作用を強める可能性があります。

フルボキサミン

セロトニン再取り込み阻害作用に加え、σ(シグマ)1受容体への結合特性を持つ薬です。σ1受容体への作用はセルトラリンより強力です。精神病性や妄想性うつ病にも作用を示します。

エスシタロプラム

日本未承認のシタロプラムというSSRIを改良した薬。セロトニントランスポータ(セロトニンを再取り込みするたんぱく質)を選択して作用するため、ほかのモノアミンへの影響や、有害作用が少ない可能性があります。

 

SNRI

セロトニン再取り込み阻害作用と、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用の両方を持つ薬です。SSRIより多くの脳領域に作用することになるため、抗うつ効果も高いのではないかと議論されています。

デュロキセチン

ノルアドレナリン再取り込み阻害作用よりも、少し強力なセロトニン再取り込み阻害作用がある薬です。抗うつ作用だけでなく痛みの緩和にも効果があり、日本では糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症に伴う疼痛にも使用されています。

ミルナシプラン

セロトニン再取り込み阻害作用よりも、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用が強い薬です。痛みに対する効果が高い可能性があります。また、うつ病に伴う認知障害や、線維筋痛症にしばしば伴う認知障害に好ましい効果を与えるかもしれません。

 

NaSSA

ミルタザピン

モノアミンの再取り込みを阻害せず、ノルアドレナリンやセロトニンの放出を促進し、抗うつ作用を発揮させる薬です。臨床効果はSNRIとほぼ同等で、鎮静・催眠作用が比較的強く現れます。

 

セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節剤

ボルチオキセチン

SSRIのようなセロトニン再取り込み阻害作用に加え、セロトニン受容体を調節する作用も持つ薬です。セロトニンの濃度を上昇させるだけでなく、ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコリン、ヒスタミンといった物質の遊離を調節することで、抗うつ作用を発揮します。うつ病で苦しむ患者さんの新たな選択肢として期待されています。

 

※参考文献

「ストール精神薬理学エセンシャルズ 神経科学的基礎と応用 第4版」(メディカルサイエンスインターナショナル)

「治療薬マニュアル 2020」(医学書院)

武田薬品工業 ホームページ

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなしこころの病気のはなし-2こころの病気のはなし-3精神科の薬について障害者雇用についてこころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ