トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし 家族教室 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 専門編 > レストレスレッグス症候群

レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)

レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)

Restless legs syndrome:RLS

 

疾患の具体例

60歳、男性。糖尿病腎症を患っており、定期的に人工透析を受けています。最近、人工透析中にふくらはぎがかゆく、むずむずする感覚に苦しんでいます。ベッドから起きて脚をダンダンと床に打ち付けると症状は消えますが、再びベッドに横たわると脚がむずむずします。そのために人工透析を中断せざるを得ないほどです。夜間、眠っている時も同様に脚がむずむずします。脚がけいれんのように動いて目が覚めることもよくあり、睡眠不足に陥っています。

 

特 徴

レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)は、その名の通り脚がむずむずする知覚運動性、神経性の睡眠障害です。ふくらはぎの深部などを虫が這うような、あるいはくすぐられているような、ほてったような感覚がし、脚を動かさずにはいられないことが主症状です。かゆいような気がして手でかいてもすっきりしませんが、脚を動かしたり、歩いたりすることで不快感は軽減します。

日中よりも夕方や夜間に悪化し、人によっては夕方以降にしか症状が現れません。しばしば睡眠前にベッドでリラックスしている時に脚がむずむずし出します。脚を動かして不快感が解消しても、寝ようとすると再びむずむずするため、深刻な不眠症になっている人も少なくありません。患者さんの多くは、日中の眠気や疲労感が顕著で、学業や仕事、家庭生活などが阻害されています。また、脚が勝手にピクピクと動く周期性四肢運動障害を伴っていることが多く、そのために睡眠が妨げられることもよくあります。

 

有病率

レストレスレッグス症候群の有病率は疾患の定義によって異なりますが、2〜7. 2%の範囲と考えられています。症状が現れる頻度が週3回以上、中等度あるいは重度の苦痛と定義した場合の有病率は1.6%で、症状の頻度が週1回以上とした有病率は4.5%です。60歳頃までは加齢と共に有病率が上昇します。

なお、女性の有病率は男性よりも1.5〜2倍多いとされています。特に、妊娠中の女性の有病率は、一般人口の2〜3倍と推定されています。ただ、ほとんどの場合、出産直後に症状が改善するか解消します。

 

経 過

通常、この障害の発症年齢は10〜20代です。成人期に診断された人の約40%が20歳以前に症状を経験したことを報告しており、20%は10歳前に経験したと報告しています。ただ、子どもは症状をうまく説明することができず、「脚を動かしたい衝動に駆られる」という状態を「脚が動いてしまう」などと言うため、診断は難しいとされています。

症状の経過は、発症年齢によって異なります。45歳以前に発症した人は、症状の進行がゆるやかであることが多く、晩発性で発症した人は急速に進行することが普通です。この障害は、一生を通じて症状があまり変わりませんが、高齢になるとわずかに軽減することがあります。

 

原 因

レストレスレッグス症候群の原因は、ドパミンが不足したり、うまく働かなくなったりすることで神経細胞に異常が生じることだと考えられています。家族性があり、リスクを高める遺伝子変異が関係していることもあります。

また、尿毒症、神経障害、鉄および葉酸欠乏による貧血などから、二次性のレストレスレッグス症候群が引き起こされることがあります。まれにSSRIの副作用としても見られます。線維筋痛症、関節リウマチ、糖尿病、甲状腺疾患、COPDとの関連も報告されています。

 

治 療

薬物療法:鉄分不足が原因と考えられる場合は、鉄材を服薬します。睡眠薬は無効で、パーキンソン病の治療に使うドパミン作動薬が有効とされています。

非薬物療法:就寝前のカフェイン、アルコール、喫煙は症状を悪化させるため、摂取を控えます。脚のマッサージ、軽い運動、不快な部位を温めたり冷やしたりすることが有効な場合もあります。

 

診断基準:DSM-5

. 脚を動かしたいという強い欲求は、通常、落ち着かない不快な下肢の感覚を伴い、またはそれに反応しており、以下の特徴のすべてを有している。

  1. 脚を動かしたいという強い欲求は、安静時または低活動時に始まるか、増悪する。
  2. 脚を動かしたいという強い欲求は、運動することで、部分的または完全に改善する。
  3. 脚を動かしたいという強い欲求は、日中より夕方または夜間に増悪するか、または夕方または夜間にしか生じない。

 

. 基準Aの症状は週3回以上生じ、その状態が3カ月以上続いている。

. 基準Aの症状は、臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、教育的、学業的、行動的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

. 基準Aの症状は、他の精神疾患または他の医学的疾患(例:関節炎、下肢の浮腫、末梢虚血、下肢けいれん)によるものではなく、行動的障害(例:姿勢による不快感、貧乏揺すり)では説明できない。

. その症状は、乱用薬物または医薬品の生理学的影響(例:アカシジア)によるものではない。

 

※参考文献

『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院)

『カプラン 臨床精神医学テキスト 日本語版第3版』(メディカルサイエンスインターナショナル)

『DSM-5 ケースファイル』(医学書院)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなしこころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ