こころの病気(専門編) |ハートクリニック大船

過食性障害

過食性障害

Binge eating disorder (BED

疾患の具体例

50歳、女性。数年前からうつ病を患っています。治療によってうつ病の症状は改善していますが、ずいぶんと体重が増えてしまいました。医師が食生活について訊ねると、週2~3回は過食をしていることがわかりました。仕事から帰り、夫が帰宅するまでの間の1人の時間に、アイスクリームやクッキーなどを大量に食べているのです。本人も食べ過ぎを自覚していますが、自分で抑えることはできません。過食のあとはいつも後悔しています。しかし、嘔吐や下剤の利用などの“埋め合わせ行動”はせず、自分の体型や体重についてあまり関心はありません。

特徴

過食性障害は、明らかな食べ過ぎを繰り返し、本人が苦痛を感じる障害です。通常、自分自身では食べ過ぎをコントロールできません。3カ月の間に、平均して週1回以上の過食をします。通常よりずっと速く食べる、お腹が苦しくなるほど大量に食べる、空腹を感じていなくてもたくさん食べる、後になって自己嫌悪や抑うつ気分、強い罪責感を感じる、などの特徴があります。通常、過食は密かに行われます。1人で過食している時、思いがけず誰かが部屋に入ってくると、過食をやめるかもしれません。

 

過食性障害と似た障害に「神経性過食症」(いわゆる過食症)があります。どちらも食べすぎが主な症状ですが、神経性過食症は食べすぎたあとに“埋め合わせ行動”(嘔吐や下剤の使用など)をし、過食性障害はそれがない点で異なります。また、過食性障害のある人は、過食をしたあとにダイエットを始めることがあります。このことは、通常、過度なダイエットをしてから過食が生じる神経性過食症とは対象的です。 過食性障害は肥満体型の人に多く見られますが、単なる肥満とは異なります。

 

過食性障害のある肥満患者は、過食中でもそうでない時でも大量のカロリーを摂取し、摂食障害異常(感情的な食べ方、無秩序な食べ方)があります。この障害のある人は生活の質がより低く、主観的な苦痛が大きく、精神疾患の併存率が高いこともわかっています。過食性障害に最もよく見られる併存障害は、双極性障害群、抑うつ障害群、不安症群です。それより低い頻度で、物質使用障害群を併存していることもあります。

有病率

アメリカの成人(18歳以上)における過食性障害の12カ月有病率は、女性が1.6%、男性が0.8%です。

経過

過食性障害は、典型的には青年期や成人期早期に始まりますが、成人期後期になって発症する人もいます。過食性障害の寛解率は、神経性過食症より高いとされています。

原因

過食性障害の原因はわかっていませんが、家族性があると考えられています。また、過食はストレスが高い状態の時に起こったり、不安や抑うつ気分を和らげるために行われたりします。

治療

精神療法:過食性障害に最も効果的な治療法は、認知行動療法(CBT)です。CBTによって、過食や併存する問題(例:うつ病)が改善することが示されています。しかし、CBTだけでは体重を減らすことが難しいため、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの薬物療法と組み合わせることがあります。また、対人関係療法(IPT)が過食性障害に有効な場合もあります。IPTは、摂食行動の問題よりも、過食の原因となる対人関係の問題に焦点をあてた治療法です。

 

薬物療法:いくつかの研究によると、SSRIの大量投与は一時的に体重減少の効果を示します。しかし、通常は短期間しかもたず、投薬をやめれば体重も戻ります。ほとんどの研究で、投薬のみの治療よりCBTと組み合わせた治療のほうが有効であるとしています。

 

自助グループ:同じ障害のある人による自助グループが、過食性障害からの回復に役立つことがわかっています。中程度の肥満患者には、体重監視者(Weight Watcher)のような組織が役立つことがあります。

| HOME | 診療案内 | アクセス | PCサイト |