こころの病気(専門編) |ハートクリニック大船

統合失調質パーソナリティ障害

F60.1 統合失調質パーソナリティ障害

0Schizoid personality disorder

シゾイドパーソナリティ障害/スキゾイドパーソナリティ障害

疾患の具体例

29歳、男性。システムエンジニアとして働いています。仕事ぶりは正確で、没頭するように働くことから、大きなプロジェクトを任されるようになりました。しかし、部下に仕事を教えず、最低限の会話もしません。プロジェクトは上手く進まず、休止に追い込まれました。上司が問いただすと、悪びれるそぶりもなく、「他人と関わることが苦痛で、友人や恋人と呼べる存在ができたことはない。家族とも疎遠だが、それらが苦痛とも感じていない」と説明しました。

特徴

統合失調質パーソナリティ障害は、「シゾイドパーソナリティ障害」または「スキゾイドパーソナリティ障害」とも言います。「Schizoid」とは「統合失調症の」や「統合失調症のような」という意味ですが、統合失調症そのものとは別の障害です。

統合失調質パーソナリティ障害のある人は、他人と親密になりたいと思わず、一人で過ごすことを好みます。家族以外に親しい友人や信頼できる人がいないばかりか、時には家族さえも疎遠になります。他人からの賞賛や批判に興味がなく、周囲が自分をどう見ているかは気になりません。怒りや喜びのような強い感情を抱くことも滅多にありません。社会的に孤立しがちで、いわゆる一匹狼のように見えます。ただ、一人きりで行う仕事であれば、職業的に成功することもあります。

また、性体験に関心を持つこともほとんどないため、生涯独身の男性が多く見られます。女性は積極的な男性と受け身な結婚をすることがあります。

中には終生の社会的引きこもりをする患者さんもいます。記憶力がいい、動物を手なずけるのが上手いといった特徴もあります。

有病率

アメリカ精神医学会の診断と統計マニュアル「DSM-5」によると、「全米併存症再調査研究パートⅡ」におけるシゾイドパーソナリティ障害の有病率は4.9%と推定されています。また、2001~2002年に行われた「全米におけるアルコールおよび関連疾患に関する全国疫学調査」では3.1%と推定されています。

男女比は、男性のほうが若干多く診断され、なおかつ強い障害を引き起こすようだと考えられています。

経過

この障害のある人は孤立することが多く、仲間関係の乏しさや学業不振のために、小児期や青年期にあきらかになります。周囲から「変わっている」とみなされ、いじめにあうこともあります。

原因

遺伝要因と生理学的要因:統合失調症または統合失調型パーソナリティ障害のある人の親族は、有病率が高くなっているかもしれません。

治療

シゾイドパーソナリティ障害のある人は、集団療法の場で長時間にわたって沈黙を続けますが、そのうち一緒に治療を受ける人達と交流し出す可能性があります。薬物療法としては、抗精神病薬、抗うつ薬、少量の精神刺激薬の投与が有効だった患者さんがいます。セロトニン系の薬物によって、周囲を拒絶する反応が弱まることもあります。ベンゾジアゼピン系の薬物は、対人関係への不安を少なくする可能性があります。

| HOME | 診療案内 | アクセス | PCサイト |